0954-23-4820

ORTHODONTICS矯正歯科

一般歯科

矯正歯科治療を専門に行う歯科医が、
安心できる矯正歯科治療を提供します

ORTHODONTICS

「子供の歯並びが気になる」そんなお母様、お父様へ

子供の歯、つまり乳歯時期の矯正治療は、永久歯が正しい位置に生えてくるよう誘導するだけでなく、顎の正常な発育を促すためにも必要なものです。あごが成長する子供の頃に、悪い歯並びやお口に関する癖を放っておくと、あごの発育が正常に行われず、顔の形などに影響が出ることがあります。特に近年、軟食化の影響で、アゴの筋肉をきちんと使ってあげる機会が得られないため、アゴの成長が不十分で、乳歯の時期から歯が凸凹しているお子さんをよくみかけます。

矯正治療自体は大人になってからでも可能なのですが、顎骨の成長が終わってしまっている大人ではどうしても歯を動かすだけの矯正になってしまうため、治療が難しくなる場合があります。小さいころから、矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールすることが可能になり、キレイに仕上がる、抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。

ORTHODONTICS

手軽で安心 - 3歳から始めるマウスピース型矯正装置(インビザライン)

「歯並びは気になるけど、治療費が・・・」、「子供の歯に針金はつけたくない・・・」といったお悩みを解決する装置があります。子供の不正咬合の原因には、遺伝的要因もありますが、じつは舌の位置や、お口の周りの筋肉が上手く使えないことが原因で、顎骨の成長が抑制され、歯並びが悪くなっている場合があります。このような習癖を早期に取り除いてあげることで、顎の成長が促され、自然と歯並びが良くなることがあります。

しかし、全ての症例がこの装置だけで治ってしまうわけではありません。装置自体は既製品ですので、どこで入れても同じものなのですが、そこには、しっかりとした診断基準が必要となります。もし、これらの装置で満足のいく状態にならなかったら、矯正専門に移らなくてはいけません。

当院においては、もし満足のいく結果にならなかったとしても、それをカバーできる技術があります。その続きの治療も、実際の矯正治療との差額にてさせて頂きますので、ご安心下さい。

ムーシールド

ムーシールド

低年齢の受け口(成長期反対咬合)の治療では、マウスピース型の矯正装置『ムーシールドTM』を使用します。就寝時のみの使用で治療効果を上げることが出来ます。このムーシールドを使用することにより、反対咬合は、永久歯が生えるまで待つことなく、3歳児からの治療が可能になりました。

T4K

T4K

口腔筋の訓練(筋機能効果)を目的とした装置で、これにより口呼吸や異常な飲み込み、舌の突出癖などを改善し、正しい顔の発育と正常な歯列の発達を促します。軟らかいシリコンでできたマウスピースを就寝時に使用します。