0954-23-4820

ORTHODONTICS矯正歯科

一般歯科

矯正歯科治療を専門に行う歯科医が、
安心できる矯正歯科治療を提供します

ORTHODONTICS

不正咬合 - あなたはどのタイプ?

叢生(そうせい)

歯ならびがデコボコになっている状態を「叢生」といいます。顎の大きさと歯の大きさとの間のアンバランスが生じるとこのようになります。歯みがきの時に歯ブラシが行き届かずに汚れが残りやすく、虫歯や歯槽膿漏の原因となります。

叢生
BEFORE
叢生
AFTER

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とは、上顎が下顎よりも前に出ている歯並びのことで、いわゆる「出っ歯」のことをいいます。上顎が大きい、下顎が小さい、などが原因となりますが、顎骨の大きさに問題がない場合には、指しゃぶりや、舌で上顎の前歯を押す癖があるなど、何らかの力が加わったことが原因と考えられます。この状態では、口を楽に閉じることができませんし、顔のケガで前歯を折ったり、くちびるを切ったりしやすいです。また、外見の特徴として、唇が閉じにくい、笑うと歯ぐきが目立つ、などがあります。この症状があると、噛み合わせが悪くなって咀嚼がうまくできません。また、噛むときに下あごを前にずらす癖がつき、顎の関節に負担がかかってしまいます。

上顎前突
BEFORE
上顎前突
AFTER

反対咬合(下顎前突)はんたいこうごう(かがくぜんとつ)

下顎前突とは、下顎が上顎よりも前に出ている歯並びのことで、いわゆる「受け口」のこといい、「反対咬合」とも呼ばれます。上下の前歯の傾きに問題がある場合と、下の顎が大きすぎたり、上の顎が小さすぎることによる場合とがあります。この症状があると、うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になることが多いです。

反対咬合
BEFORE
反対咬合
AFTER

開咬(かいこう)

噛んできても、特に前歯が噛み合わない状態です。前歯で食べ物をうまく噛みきることができないだけでなく、正しい発音ができないことが多いです。幼稚園児や小学生になっても、指しゃぶりを続けていることが原因になることもあります。他には「舌」の悪い癖や遺伝的な問題も原因となります。この症状があると、咀嚼がうまくできないだけではなく、発音も悪くなってしまいます。

開咬
BEFORE
開咬
AFTER