0954-23-4820

CHILD DENTISTRY小児歯科

小児歯科

お子様の歯を守り、健康に育てる医療を提供します

GENERAL DENTISTRY

子供の歯にとって一番大切なことは、
治療しないで済ませることです。

子供のときの歯の治療は精神的にかなりの負担になることもあります。この時期にイヤな思いをすると、歯医者さんがきらいになり治療ができなくなったりもします。これは、大人になってからも続くことがあり、人によっては歯の病気になっても歯科医院に通わないために、さらに深刻な事態を招いてしまうこともあります。 そうならないためにも、子供のときから定期的な検診と定期的なフッ素塗布をして、虫歯を作らないように、しっかりと管理してあげるのが子供にとって一番大切なことといえるでしょう。 松尾歯科矯正歯科では、定期健診、フッ素塗布、シーラント(歯の溝の虫歯ができやすい部分をふさぐ方法)も行っていますので、虫歯のないお子様もお気軽にご来院ください。

子供のときの歯の治療

治療の流れ

ステップ1

問診

初診のお子さんは、歯ブラシの回数、補助用具の使用の有無、フッ化物の使用の有無などをお聞きします。再診のお子さんは、前回の治療から何か変化があったか、気になる事があるかなどをお聞きします。成長する中で気になる事もご相談下さい。また、幼稚園、保育園の健診や学校での健診で気になった事などもお聞きします。

問診

下矢印

ステップ2

口の中の診査

むし歯や歯肉、歯みがきの仕方などチェックします。もちろん、歯並びやかみ合わせも診ます。口の中の機能に悪いくせなども診ます。指しゃぶりや歯ぎしりなどで気にしている方も多いようです。また、生まれながらの異常、舌の裏側のスジが短いとか、上くちびるのスジが短いなども口の機能に影響があるかもチェックもしています。
また、最近の子どもたちはちょっとした転倒で、手が出ず、歯をぶつけたり、歯を折ってしまうこともまれではありません。歯を打撲したことで、歯が黒く変色することもあります。経過を見ないと症状が出てこないこともあります。そのような経過も診ています。

口の中の診査

下矢印

ステップ3

治療

悪いところが見つかれば、むし歯の治療を行い、フッ素塗布、シーラント、ブラッシング指導などを行います。

治療

下矢印

ステップ4

定期健診

最初の治療が終わったあと、その治療がうまくいっているか、新しいむし歯や歯肉炎になっていないか、歯並びやかみ合わせがどのようになっているかなどチェックします。また、予防は継続していかなければなりません。そのチェックをしたり、追加の治療をしたり、指導をさせていただきます。

GENERAL DENTISTRY

キッズクラブ

松尾歯科矯正歯科では小学生までのお子さんを対象に、
M-キッズという子供クラブを設けています。
入会特典として、
1.矯正相談料無料(通常3,000円)
2.ポイントカード作成(シールが10個たまるとお菓子かおもちゃをプレゼント)
があります。
入会金、年会費は無料です。

キッズクラブ

各種イベント

M-キッズでは、ハロウィンイベント、クリスマスイベント等、様々な楽しいイベントを行っています。

サンタの仮装 サンタの仮装 サンタの仮装