月別アーカイブ: 2014年9月

プロ野球

先日、大阪へ講習会に参加してきましたが、
行く途中、新幹線で広島駅を通過すると、マツダスタジアムで広島-横浜戦があっており、
帰りは新大阪駅で甲子園であった阪神-中日戦のファンと遭遇しました。

私も父の影響を受け、小さい頃からとあるチームのファンなのですが、
最近はかなり弱く、今年はCS出場も無理なようです。
ここ数年は優勝しておらず、毎回試合をチェックする度に負けているとイライラしてしまうため、
今年こそはファンを辞めようと毎年思うのですが、つい気になって見てしまいます。

小学校の頃が全盛期でよく優勝しており、その頃の先発メンバーに佐賀出身の選手がいたこともあり、
日本シリーズでの活躍は今でもよく覚えています。
当時佐賀玉屋であった佐賀出身のプロ野球選手達が集まったサイン会に父と行ったのですが、
その選手からもらったサイン色紙は今でも実家に置いてあります。

最近はそのチームに佐賀出身で長崎海星出身の選手がいるため、その選手を応援しています。
私が長崎に住んでいた頃、当時高校3年だったその選手が活躍し、夏の甲子園に出場したのですが、
佐賀出身で高校から長崎へ行った経緯を知ってから地区大会から応援するようになり、
見事甲子園に出場し、加えて自分が応援しているチームに入団することになって、
余計に応援するようになりました。

またFAで主力選手がいなくなりそうな雰囲気ですが、
多分来年も応援すると思います。

武雄市 松尾歯科矯正歯科 院長 松尾謙一郎


モニターと歯科用ワイヤレス口腔内カメラを導入しました

先日、各診療台毎に、モニターと歯科用ワイヤレス口腔内カメラを導入しました。

今までは、撮影したレントゲン写真や口腔内写真等をカウンセリングルームのパソコンで
説明したり、iPadにて説明したりしていましたが、患者さんに移動していただかないと
いけなかったり、iPadでは複数の写真を同時に説明できないといった不都合があり、
なんとかできないかと考えていましたが、今回、その問題点を解決すべく、
各診療台毎に、モニターを設置しました。

また、今までは治療前後の説明は手鏡を見せて説明するか、
通常のカメラで口腔内写真を撮って説明していましたが、
奥の歯等は手鏡で見ていただいても分かりにくかったり、
口腔内写真を撮影しても、写真をパソコンに取り込むのに時間がかかったりして、
患者さんをお待たせし、ご迷惑をかけることもありました。
そこで、各診療台毎にモニターと合わせて歯科用ワイヤレス口腔内カメラを設置しました。
このカメラで撮影すると、無線ですぐに画像がパソコンに取り込まれるため、
撮影できる範囲は狭いですが、瞬時にご説明できるという利点があります。
画質はやはり通常のカメラの方が良いため、用途に合わせて上手く使っていきたいと
思います。

今後も松尾歯科矯正歯科の基本方針である「分かりやすく、丁寧な説明」を実践すべく、
これらの機器を活用し、診療していきたいと思います。

武雄市 松尾歯科矯正歯科 院長 松尾謙一郎

P1020523

口腔内カメラ


経営計画発表会

先日、スタッフと共に、武雄市の美容室、ヘッズファクトリーさんの
経営計画発表会に参加してきました。

以前、ヘッズファクトリーさんの朝礼に参加させていただきましたが、
非常に明るく、元気な感じで進められており、
朝から元気がでる、そんな感じの朝礼で、自分の所でもこうありたいと思い、
参考にさせていただき、今の朝礼は以前のスタイルを少し変更して行っています。

朝礼もそうですが、ヘッズファクトリーさんの経営理念、企業方針等は、
非常に自分の分野と通ずる部分があり、大変参考になります。
松尾歯科矯正歯科にも、医院理念、診療方針がありますが、
ヘッズファクトリーさんは「お客様」だけでなく、社員、その家族、地域の人達を
大切にする、笑顔にするということを使命として挙げておられます。
松尾歯科矯正歯科でも、患者様だけでなく、スタッフ、スタッフの家族、地域の人達を
大切にする、笑顔にするということを考えていかねばならないと強く感じました。

また、自分も院内ミーティングなどで目標を伝えることはあるものの、
このような形で外部に向けて、トップの方から社員の方まで発表されるところに、
自分の所ではこうやっていくんだという、強い覚悟を感じました。

いい刺激を受けることができ、今後に活かしていきたいと思います。

武雄市 松尾歯科矯正歯科 院長 松尾謙一郎