月別アーカイブ: 2013年9月

メロリン・・・

と書いて分かる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

これは前回ブログでお話しした「ふたりっ子」に出ていたある俳優さんが
「元気が出るテレビ」のダンス甲子園というコーナーの中で叫んでいた言葉です。

中学、高校の頃「ごっつええ感じ」よりも「元気が出るテレビ」派だった私は毎回楽しみに見ていたのですが、
その中でも当時素人で出ていた彼は他の素人さんよりもかなり異彩を放っていました。

その彼が俳優となり、NHKの朝ドラに出演し、しかもヒロインの相手役をした時は
かなりびっくりしたのですが、まさか国会議員にまでなるとは誰が想像できたでしょうか?

「思いの強さ」って大事だなと思います。

武雄市 松尾歯科 院長 松尾謙一郎


あまちゃん

は1回も見たことはありませんが、毎日のようにパソコンでは関連したニュースが取り上げられていて、すごく流行っているみたいですね。

NHKの朝ドラで思いだすのが、大学生の時に唯一ハマって見ていたマナカナや内野聖陽が出ていた「ふたりっ子」です。なぜ見るようになったかは覚えていませんが、私が双子ということで興味を持ったからかもしれません。

この物語では河合美智子扮するオーロラ輝子という歌手がでてきて、実際CDも出し、その年の紅白に出演するほど人気がでるのですが、当時住んでいた横須賀のレコード店主催でサイン会&握手会が開かれることになり、あまり曲には興味がなかったものの、オーロラ輝子見たさにCDを買って引換券をもらい、サイン会の会場へと向かいました。

列に並び、オーロラ輝子のいる部屋に入って驚いたのは、TVで見るよりもすごく綺麗な方で、何かオーラのようなものを感じました。それまでは脇役の女優さんというイメージしかなかったのですが、やはり芸能人は違うなと思いました。

もともと綺麗だから芸能界に入ったのか、それとも環境が人を育てるという言葉があるように、芸能界という環境が綺麗にさせたのか、それは分かりませんが、松尾歯科で働くスタッフが成長することができるような環境作りを心掛けようとオーロラ輝子を思い出しながらそんなことを考えました。

武雄市 松尾歯科 院長 松尾謙一郎


WATER BOYS

毎週木曜は診療が午前のみのため、保育園に子供を迎えに行っているのですが、迎えに行くまで少し時間があったため、たまたまテレビをつけたところ、最近は「ウシジマくん」のイメージしかなかった山田孝之が主演のWATER BOYS の再放送があっており、あまりの爽やかさについ見とれていたら続きが気になり、結局毎日ビデオに撮って最終回まで見てしまいました。

ちょうど10年前の作品なのですが、イメージを変えながらもずっと主役を張っている山田孝之、このドラマを機に活躍していった瑛太、森山未來といったメンバーもいれば、最近あまり見なくなった残りのメンバー、女性陣を見ると、果たして自分はこの10年頑張ってきただろうかと考えるものがあります。

この作品は山田孝之扮する進藤勘九郎がリーダーとなり、残り4人のメンバーをまとめながら様々な問題を乗り越え、最終的にはシンクロ公演を実現させるという話なのですが、
私も勘九郎のようにリーダーシップをとり、院長として残り4人のスタッフをまとめ、日々診療を頑張ろうと思わせてくれる作品であり、見習う点がたくさんある作品でした。

武雄市 松尾歯科 院長 松尾謙一郎